ガーデナー

世界最高峰のトップガーデナーが日本へ集結

ポートフォリオ

Breaking Free(「自由を取り戻せ!」)
庭園解説

ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ、または多くの人から親しみを込めて“マディバ”と呼ばれるその人は、「虹の国」南アフリカの父として知られている。ネルソン・マンデラは、人生、家族、そして自由を賭して、南アフリカを抑圧していた人種隔離体制「アパルトヘイト」と戦った。反アパルトヘイト運動の先鋒だったマンデラは、国家反逆罪で終身刑に処せられ、ロベン島の強制収容場に投獄された。南アフリカの西、ケープタウン沖合に浮かぶ小島の、小さくて寒い独房の中にあっても、彼は強くあり続け、マイノリティーを抑圧する法律から国民を自由にする運動を続けることを誓った。粘り強く交渉を続けたマンデラは、27年後の1990年になってようやく解放された。そして、1994年に南アフリカで初めての民主的な選挙で選ばれた最初の大統領に就任した。大統領として、彼は平和的にアパルトヘイト体制を終わらせ、誰もが平等な民主国家への移行を果たした。彼の功績は国際社会から賞賛を受け、ノーベル平和賞を授かった。何よりも重要なことは、彼が南アフリカにおいて、肌の色に関係なく、全ての国民から信頼されたことにあった。

この庭は、マンデラが交渉を通じて当時の政権を平和的に新しい体制に移行した、まさに彼が収容場から解放される直前の様子を表現したものである。彼は人々を抑圧したルールを打ち破り、バラバラだった国を一つにまとめた。南アフリカには9つの州があり、庭では9つの壁によってそれを表現した。壁の外側は緑で埋め尽くされ、自由解放後の9つの州の再生と成長を表した。内側には、南アフリカの貧しい地域で家の建材として使われるトタン板を張り、貧困を表現した。しかし、南アフリカの国民は親しみやすく皆生き生きとしている。どんなに苦痛で人々が落ち込むような状況であっても、それを明るく変えることができる。これらのトタン板の壁にも、“Shack Shick”と呼ばれる南アフリカの伝統的な明るく色とりどりな装飾を施した。

質素な机と椅子は、マンデラが独房の中にいたときの孤独を表す。そしてまた、たった一人の強い意志を持った男によって、世界が変わったという事実も強調している。歩道の上に置かれた足かせは、アパルトヘイトを打ち破り自由を勝ち取った国を象徴するものである。この庭における植栽は、南アフリカ西海岸に見られる典型的なものであり、マンデラが収監されたロベン島に見られる植生を再現した。南アフリカ北西部にあるナマクアランドは、砂漠地帯でありながら、夏のわずかな雨が降った後に無数の花が一斉に咲き乱れ、地球上で最も壮観な風景の一つとして有名だが、これはロベン島でも見られる光景だ。多くの色彩であふれた庭は、南アフリカが「虹の国」であることを物語っている。

過去の作品

レオン・クルーゲ

南アフリカ/South Africa

Leon Kluge

レオン・クルーゲ

参加項目
  • ホームガーデン
受賞歴
  • チェルシーフラワーショー金賞(2010、2012および2013)南アフリカ代表チームとしてGreat Pavilion部門に出展
  • ガーデニングワールドカップ銀賞(2012)
  • COP17(国連気候変動枠組み国際会議)特別庭園製作(2011)
  • ほか
紹介文

祖父の代から続く植物研究者の一家に生まれ、野生のライオンやバッファーローなどが生息するクルーガー国立公園のすぐ近くで育つ。大学にて庭園設計を専攻し、イスラエルの植物栽培園のデザインや、コモロ諸島の広大な私有地の景観設計など国際経験を多く積んだ後、南アフリカ北部の都市ネルスプロイトにガーデンデザインと園芸用品の専門店をオープン。個人宅から商業施設といった大型の庭園設計までサイズを問わず多くのデザインを手がける。
レオンをガーデンデザイナーとして一躍有名にしたのが、ビルの壁面や室内の縦の空間に創り出される立体庭園である。幼年のときより南アフリカの雄大な自然と関わり合うことによって自然に身についた美意識、情熱的な色彩感覚、そしてアフリカの植物を知り尽くした彼だから生み出せるユニークかつ実用に適った彼の立体庭園は、モザンピークの商業施設に初めて採用されたのを皮切りに、今では南アフリカ全国にて見ることができる。そのスタイルは世界的にも認められ、国際的なデザイン専門誌にて特集されるにとどまらず、彼のクライアントには誰もが知るハリウッドセレブリティーも名を連ねている。

[Movie]メッセージ
施工会社

Green Fingers
福岡県筑紫野郡那珂川町大字成竹835-6
TEL:092-954-2014

協賛・協力

コテージガーデン(施工補助)

(有)山田園芸場(施工補助)

主催
  • ガーデニングワールドカップ協議会
共催
  • 長崎県
  • 佐世保市
  • 朝日新聞社
  • 西日本新聞社
  • 九州朝日放送
  • 長崎文化放送
  • 熊本朝日放送
  • 大分朝日放送
  • 鹿児島放送
  • 広島ホームテレビ ほか
後援
  • 農林水産省
  • 観光庁
  • 一般社団法人長崎県観光連盟
  • 財団法人佐世保観光コンベンション協会
  • 西日本リビング新聞社
  • 一般社団法人日本自動車連盟九州本部
  • 一般社団法人英国王立園芸協会日本支部
  • 日本フローラルマーケティング協会
  • 一般社団法人日本花き卸売市場協会
  • 財団法人日本花普及センター
  • 一般社団法人日本造園建設業協会
  • 社団法人長崎県造園建設業協会
  • 日本ハンギングバスケット協会
  • 公益社団法人日本フラワーデザイナー協会
  • 一般社団法人日本造園組合連合会
  • 九州観光推進機構
協賛
協力
Information

ハウステンボス

〒859-3292 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1内

TEL:0570-064-110

(PHS・一部のIP電話・国際電話の方はTEL:0956-58-0080)

copyright2013 (C) GardeningWorld Cup, All rights reserved.